CiaoLab ちゃおラボ 男と女の“愛”と“現実”を考える
MENU
エンタメ

W不倫、急増中!その理由とは?

W不倫、急増中!その理由とは?

近年、話題の不倫ドラマ”昼顔”でも題材になったW(ダブル)不倫。W不倫とは、配偶者がいる人同士の不倫関係を指します。

不倫をする相手が独身だと会う時間を合わせてくれたり、離婚して不倫相手と結婚という行く末への期待から、不倫する相手としては独身のほうがピッタリなのかと思いきや意外にそうではないようでW不倫はドラマの影響もあり増え続けているようです。

W不倫にハマってしまう人たち、その理由とは?

お互いに帰る場所があるため、本気にならない

既婚者同士、ということは両方に家族がありますよね。今の家族は大切にしたい、でも恋愛はしたい、そんなわがままな想いを持っている方も多いかもしれません。「お互いの家庭は決して壊さない」、そんな共通の想いがあり結婚するというゴールを求めていない認識が合致してハマってしまう理由に挙げられます。

片方が独身だと、どうしても離婚を求められる傾向が多いのでW不倫だからこそ成立する理由でしょう。W不倫、そう考えると気持ち的に楽な部分も大きいです。

同じ悩みを共有できる

お互いに家庭があり、配偶者がいる。そんな境遇が一緒だと、家庭での悩みや愚痴など話をしていく中で共感できることが、相互の関係を続けてゆきやすいポイントです。

しかし肉体関係がある中、お互いのパートナーへの不満や悩みを話してしまうことは、どうしてもあるようで、その結果、「君の方がいい」「あなたともっと早く出会いたかった」、、、そんな、ありきたりのパターンで、遊びが本気の恋愛へと発展してしまうことも少なくありません。

現実逃避をしてしまう

毎日、仕事と家の往復ばかりの刺激がない日常に飽きてしまい、なんらかの形で不倫が始まってしまう。久しぶりに味わった恋愛でのドキドキ感や、「不倫がバレたらどうしよう」というスリルにいつの間にかハマってしまいなかなか不倫をやめられないケースです。これはW不倫だけではなく、独身相手に不倫をする場合も同じです。

ちゃおラボで取材したケースもW不倫が大きく取り上げられました。実際には、どのようなきっかけでW不倫が始まるのでしょうか。

W不倫が発端でトラブルになったケース

浮気調査:町内会、保護者会は不倫フェスティバル!? W不倫した妻と夫の決断とは?【レポート006】

同じ町内会でW不倫が発端したケースがこちら。もちろんお互いの配偶者も知っているし、子どもも同じ学校に通っていました。このような不倫がバレてしまったら、町中の噂になってしまうことも過言ではありません。それでも不倫をしてしまった妻の理由とは?

浮気調査:新妻が職場のイケメン上司とW不倫!仕事中も驚きの行動【レポート010】

こちらは新婚の妻が職場でW不倫をしてしまったケース。驚きなのが、夫の職場も同じ。なぜこのようなバレてしまうリスクが高い行動に出てしまったのでしょうか。

浮気や不倫にはしってしまったとき、もっとも大きな問題なのが、当事者は周りが見えなくなってしまうことなのです。不倫を始めてしまえば、行動パターンは明らかに変わるものです。本人は慎重にしているつもりでも、周囲からはその違いに気付いてしまうものなのです。プロの探偵曰く、バレない不倫はないそうです。不倫をするのであれば、それなりの覚悟はやはり必要ということですね。

まとめ

コロナで外出自粛の中、それでも不倫相手と合う時間が増えたという不倫カップルがいます。テレワークを利用して、シティホテルのデイタイム利用など、周りが見えなくなった時、相手に会う為なら何でもしてしまうのが不倫なのでしょう。とくにW不倫は、お互いの境遇に共感しやすく、気持ちもよりのめり込んでしまう傾向にあります。

セックスフレンドのように割り切って付き合えない分、歪みは必ずおこります。W不倫は自分の家族や周囲に迷惑がかかるだけでなく相手の家族もあります。その結果、自身の身をも亡ぼす可能性があると、そこまで理解の上、責任をもって行動してくださいね。

企画・編集:CiaoLab編集部
記事:CiaoLab編集部
「エンタメ」の他の記事
記事一覧

人気の記事(ランキング)

CiaoLab(ちゃおラボ)とは

誰かに恋をしたり、愛したり。そこには人の数だけドラマが生まれます。とはいえ、そのドラマは必ずしも素敵なもの、とは限りません。出会って恋に落ち、結婚をした二人でも、別れを迎えることもある。恋が道ならぬモノであることも、少なくありません。
私たちを取り巻く「恋愛事情」や「夫婦の関係」は時代とともに、大きく様変わりしてきました。
続きを読む

CiaoLab公式SNS

CiaoLab Facebook  CiaoLab Instagram  CiaoLab Twitter

CiaoLab運営情報