CiaoLab ちゃおラボ 男と女の“愛”と“現実”を考える
MENU
浮気・不倫調査

浮気調査:妻の浮気調査40%。女性の浮気願望と不倫をする理由とは?【コラム007】

女性の浮気願望と、妻が不倫をする理由・対処方法とは?

浮気の現場、年間1500件から分析した、男と女の浮気相談実態

「浮気」といえば、男性がするもの。そんなイメージはずいぶん昔のものになりました。
年間1500件以上の浮気調査をしているRCL探偵社の実績によれば、

  • 夫の浮気調査 60%
  • 妻の浮気調査 40%

と、年々女性(妻)に対しての浮気調査が増えています。

また、浮気の原因をざっくりいえば、

  • 夫の浮気理由
    →余裕ができた(仕事の成功、お金の余裕)
  • 妻の浮気理由
    →夫への不満

男性の浮気と真逆のパターンが大半を占めているそうです。※協力:RCL探偵事務所

余裕ができて、遊びで始まる男性の浮気と違い、女性は慎重に浮気を始めていきます。そのせいか、探偵への相談内容を分析してみると、夫の立場からは変化を見極めることが難しく、 気が付いたら一時の浮気ではなく、本気の不倫に発展してしまっていた。という場合が圧倒的に多くなっています。

そんな女性の浮気の動向を整理してみました。

ネットのニュースから、女性の浮気最新トレンドを調査

(1)マイナビニュース・浮気をする女性の心理調査

Q. 身近な同性が浮気・不倫をしているのを見聞きしたことはありますか?
 ※回答数:503名
 ある 51.3%
 ない 48.7%

Q. 仮にあなたが浮気や不倫をするとして、主な原因はなんだと思いますか?
 ※回答数:503名
 1位 魅力のある異性の出現 48.9%
 2位 パートナーへの不満 41.7%
 3位 パートナーとのマンネリ化した関係 23.9%
 4位 パートナーの浮気 23.1%
 5位 パートナーとの時間の共有不足 20.9%
 6位 パートナーとのセックスレス 20.9%

こちらの調査で驚くのは、「身近な同性が浮気・不倫をしているのを見聞きしたか」という問いに対して、半数以上の女性が「はい」と答えています。 必ずしも回答者が浮気をしているわけではありませんが、この数字を見ると、もはや二人に一人の妻は浮気をしているのかも知れません。

CiaoLabの現場調査でも、似たような現実の話をよく聞きますが、日常の不満が原因の為、もしかすると男性以上に女性の浮気願望は強いのかもしれません。

出典:マイナビニュース

(2)モデルプレス「女性の浮気・不倫」にまつわる街頭アンケート

Q:これまで浮気・不倫をしたことありますか?
 A:【女性】はい 44%
 A:【男性】はい 40%

出典:モデルプレス調べ(渋谷、原宿で男女各100人に街頭調査)

やはり、こちらでも驚くのは、女性が男性を上回る形で浮気・不倫をしていました。

2020年、妻の浮気は「まさか」ではなく、いつ始まってもおかしくない

当たり前のように全ての妻はスマホを持って、夫に秘密で元カレや、知り合った男性と連絡をとることができ、また、軽い気持ちでマッチングアプリを使ってハマる事例も多数出てきました。

女性の浮気は、男性の性的な快楽を求める浮気と違い、愛情を満たすことを目的としているので、家庭の中で夫から満たされない日々が続けば、いつ浮気に発展してもおかしくない状況なのです。

妻の浮気の原因

夫が女としてみてくれていない

女としての承認欲求が満たされていないとき、自分を女性として扱ってくれる男性と接点ができれば、浮気に発展することが多いです。

セックスへの欲求

セックスレスだけでなく、セックスへの欲求のズレ、不一致などは要注意です。
性欲のピークは男女とも20代ですが、一般的に女性は30~40代と年齢を重ねるにつれて増していき、逆に男性は働き盛りで妻より仕事へ目が向いてしまうことが一因のようです。
加えて、夫婦感でのセックスは精神的な解放ができずに、マンネリ化してしまいます。様々な性への欲求にチャレンジできず、不満を抱えたまま満足を得られることが無く、不満に思っていた。というケースも実に多くあります。

夫への不満

夫が夜のお店・風俗が好き、夫の浮気、ワンオペ育児、DVなど、夫への不満や怒りは、浮気の大きな原因です。これらは夫婦間のコミュニケーションをますます少なくし、妻の本音が夫に届かなくなっていきます。
孤独になった妻は、精神的にも癒しや安らぎを求めて、元カレや、マッチングサイトなどに手を出してしまうケースが多く見受けられます。

妻が浮気をするタイミング

夫とのケンカを繰り返して修復不能になったとき

夫からの謝罪もなく、お互いに寄り添えなくなった時、妻の気持ちは夫から離れてしまっています。

夫への不満がある中で、飲み会などで酔っぱらってしまったとき

自分を女としてみてくれる男性との飲み会がキッカケ、こういった事例もよくある話です。

子育てが一段落して、働き始めたとき

そのころは、夫も働き盛りで毎日帰りの遅い日が続くことが多く、妻はお金のため以上に寂しさを埋めることを目的に働き始めます。そこで、女性として見てくれる男性に出会ってしまうことが、浮気にキッカケとなります。

妻の浮気の兆候、夫は妻の何を見るべき

  • 最近キレイになった
  • 昼間、LINEの返事がないときが増えた
  • 夫の帰宅時間、予定をよく聞くようになった
  • 知らない下着、新しい服が増えている

キレイになる、おしゃれになる。雰囲気が変わって洋服が増え始めたときは、かなり怪しいと考えたほうがよいでしょう。特に、見たことのない下着を見つけたときは要注意。こちらの記事の例でもそうですが、まずは冷静になって、日ごろの妻の様子をしっかり確認してみたほうが良いですね。

妻の浮気、どのように対処すればよいのか?

離婚する場合

  • 証拠を集めるまでは、そしらぬふりをする ※問い詰めてはいけない
  • 妻や相手へ暴力を振るわない
  • 財産分与や親権など話し合う

絶対にいけないのが「証拠もないのに問い詰めること」と暴力。浮気しているかもという想像だけで怒りが収まらないでしょう。しかし、それは相手を優位にさせてしまいます。

離婚の知恵袋には、金銭的にも有利に離婚をするための知恵が詰まっています。こちらをご参考下さい。

離婚しない場合

かなり難しい対応になります。女性の場合は、恋愛感情に発展しているケースが圧倒的に多く、不倫が継続しているということは、夫との離婚への助走期間でもあるのです。

CiaoLabの浮気調査レポート
浮気調査:町内会、保護者会は不倫フェスティバル!? W不倫した妻と夫の決断とは?【レポート006】

こちらの例でも、離婚したくない場合は夫が耐えるしかありません。態度を改め、時間かかけ、修復するしかありません。そのためにもプロの調査会社の力を借りて、不倫の状況を明確にし、程度の問題もありますので、状況によっては、調査会社のコンサルタントなどのアドバイスによって、比較的早く修復できることがあります。

いずれにしても、男性が女性の気持ちに気付かず、日ごろの行動を改めなければ女性の心は離れていくものなのですね。

企画・編集:CiaoLab編集部
記事:CiaoLab編集部
「浮気・不倫調査」の他の記事
記事一覧

人気の記事(ランキング)

CiaoLab(ちゃおラボ)とは

誰かに恋をしたり、愛したり。そこには人の数だけドラマが生まれます。とはいえ、そのドラマは必ずしも素敵なもの、とは限りません。出会って恋に落ち、結婚をした二人でも、別れを迎えることもある。恋が道ならぬモノであることも、少なくありません。
私たちを取り巻く「恋愛事情」や「夫婦の関係」は時代とともに、大きく様変わりしてきました。
続きを読む

CiaoLab公式SNS

CiaoLab Facebook  CiaoLab Instagram  CiaoLab Twitter

CiaoLab運営情報